レギウスオオツノハナムグリ<PaperCraft>

レギウスオオツノハナムグリ【学名: Goliathus regius】<PaperCraft> Canon Paper Craft解説(国立科学博物館 監修)を参照すると、アフリカ大陸西部の熱帯地域に生息。体長は雄58?115ミリ・雌56-82ミリで、アフリカで最大の甲虫の一つとして知られている…

花粉や花の蜜・樹液などを食べ、基本的には高い木の上方で行動する。動きも俊敏でよく飛び回る。カブトムシと違い、前翅を広げず・後翅だけを突き出す飛行法はスピードや旋回性に優れている…。

昼行性であることも大きな特徴の一つであるとも…。レギウスオオツノハナムグリを検索するとWikipediaではゴライアスオオツノハナムグリがHITする?。Paper Craft完成作品画像を比較すると下位分類上はレギウスゴライアス?!!。

名前も凄いがレギウス名には此のオオツノハナムグリの他・レギウスオオツヤクワガタもある。ゴライアスにも此のレギウスゴライアスやアトラスゴライアス、オオサマ・シラフ・カタモン…等に分類される!?。同種でも見分けが難しいそうが、

素人には先に作ったカブトムシとクワガタムシ及びカナブンや此のハナムグリ…等の大きさこそ違え分類仕分けする特徴等がよくわかっていない… 前胸背板後縁は鋭いナイフのように発達し、前胸、中胸間の関節を強く反らせることで、上翅前端の間に物を挟み切断することができる。

 A4 5枚 部品数74 完成品の体長は実物倍!?の17-8?もある 尤も生きた実物を見ることはなさそうですが…?